名の変更手続き

戸籍上の名前を変更するには

戸籍上の名前を変更するには、家庭裁判所の許可を得て、市町村役場に名の変更の届出をする必要があります。

 

氏の変更には、「正当な事由」があることが必要です。
「正当な事由」とは、名の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障をきたす場合とされています。

 

氏の変更の主な理由

・奇妙な名である
・難しくて正確に読まれない
・同姓同名のものがいて不便である
・異性と紛らわしい
・外国人と紛らわしい
・神官・僧侶となった(辞めた)
・通称として永年使用した

 

申立手続

(1)管轄裁判所
申立者の住所地の家庭裁判所

 

(2)申立権者
名を変更しようとする人
(名を変更しようとする人が15歳未満の場合、その親権者)

 

(3)申立費用
収入印紙800円
各家庭裁判所所定の郵便切手

 

(4)申立書類
申立書
添付資料
 名を変更する人の戸籍謄本(全部事項証明書)、
 名の変更を理由付ける資料

 

 

司法書士への相談

司法書士は裁判所に提出する書類の作成をその業務としております。
名の変更の許可審判の申立をお考えの方は、何なりとご相談ください。

トップへ戻る