みなし解散登記がなされた休眠会社の会社継続の登記

休眠会社のみなし解散

休眠会社とは
最後の登記から12年が経過している株式会社のことをいわゆる休眠会社のいいます。

休眠会社の整理手続(みなし解散)

最後の登記から12年以上登記がされていない株式会社について、法律の規定に基づき、法務大臣の公告を行い且つ管轄登記所から通知書の発送がなされます。

 

この公告の日から2ヶ月以内に事業を廃止していない旨の届出又は何らかの会社登記をしなければ、公告の日から2ヶ月を経過した日に、会社は解散したものとみなされます。

 

会社が解散したものとみなされると、登記官の職権により解散登記がなされます。

 

平成30年度は次のように休眠会社の整理手続がおこなわれました。
@平成30年10月11日に、法務大臣の公告がなされました。
A平成30年10月11日の時点で、最後の登記をしてから12年を経過している株式会社が対象になります。
B平成30年10月11日付けで、通知書が発送されました。
C平成30年12月11日までに、「まだ事業を廃止していない」旨の届出がなく且つ登記の申請もなかった休眠会社については、平成30年12月12日付けで解散したものとみなされました。
D登記官の職権により平成30年12月12日付解散登記がなされました。

 

商号変更をしている又は本店移転をしているにもかかわらず、その登記をしていない場合には、管轄法務局からの通知書が届いていない可能性があります。

 

みなし解散登記がなされた休眠会社の会社継続

みなし解散の登記がなされた休眠会社がその事業を継続するには、みなし解散登記がなされた日から3年以内に、株主総会で会社を継続する旨の決議をすることにより、株式会社を継続することができます

 

みなし解散登記の日から3年が経過してしまうと会社を継続することができなくなります。

 

会社継続の手続

ここでは、みなし解散登記がなされた取締役会及び監査役を設置していた会社が、会社継続後は取締役会及び監査役を置かない会社として継続する場合の手続を説明します。

 

@株主総会の招集

みなし解散登記がなされた休眠会社を継続するためには、株主総会の特別決議が必要になります。

 

みなし解散登記がなされると当該会社は清算株式会社となり、その職務は法定清算人が行うことになりますので、法定清算人が株主総会の招集を決定します。

 

法定清算人とは
解散時に定款で定めた清算人又は株主総会で定めた清算人がいない場合は、解散時の取締役が清算人となります。この清算人のことを法定清算人と呼んでいます。

 

みなし解散の場合は、法定清算人が就任することになります。

 

A株主総会

株主総会の特別決議により会社を継続することを決定します。

 

取締役会の廃止
取締役会を廃止するには、取締役会設置会社である旨の定款の定めを廃止する定款変更が必要になります。

 

監査役の廃止
監査役を廃止するには、監査役設置会社である旨の定款の定めを廃止する定款変更が必要になります。

 

現任の監査役の退任
監査役は会社が解散しても退任せず任期に関する規定が適用されなくなります。

 

ただし、解散した会社を継続する場合には、任期に関する規定が再び適用されることになりますので、すでに任期が満了になっている監査役は任期満了日に、まだ任期が残っている監査役は、監査役を廃止する定款変更日に退任することになります。

 

株式の譲渡制限に関する規定の変更
譲渡制限株式の承認機関が取締役会となっている場合は、承認機関を会社又は株主総会とする譲渡承認機関に関する定款を変更する必要があります。

 

取締役の選任
会社が解散すると取締役は退任することになるので、会社を継続する場合には、あらためた取締役を株主総会により選任する必要があります。
取締役会を置かない会社であれば取締役は1名選任すれば足ります。

 

代表取締役の選定
取締役を1名選任した場合は、その者が当然代表取締役になります。

 

取締役を複数選任した場合には、定款で直接定めることにより、株主総会の決議により又は定款の定めに基づき取締役の互選により代表取締役を選定することができます。

 

上記により、代表取締役を定めていない場合は、各自が代表取締役になります。

 

会社継続の登記

株主総会の決議の日から2週間以内に管轄法務局に登記を申請する必要があります。

 

登記すべき事項
・清算人及び代表清算人の就任
・会社継続
・取締役、代表取締役の就任
・監査役設置会社の定めの廃止
・監査役の退任
・株式の譲渡制限に関する規定の変更

 

※取締役会の定めの廃止は、みなし解散登記の際、取締役会設置会社の定めが職権で抹消されているので、取締役会設置会社の定めの廃止の登記は不要です。

 

必要な書類
・定款
・株主総会議事録
※議事録には議長及び出席取締役が市町村に登録している印鑑で押印し、印鑑証明書を添付します。
・株主リスト
・取締役の就任承諾書
・印鑑届書

 

登録免許税 
7万9千円
内訳
・清算人及び代表清算人の登記 9千円
・会社継続の登記 3万円
・取締役、代表取締役及び監査役の変更登記 1万円(資本金1億円以下の会社)
・監査役設置会社の定めの廃止及び株式の譲渡制限に関する規定の変更 3万円

 

過料について
なお、みなし解散の登記がなされた休眠会社が会社継続の登記を申請すると、登記懈怠等として登記官より裁判所に過料事件として通知がなされ、裁判所より100万円以下の過料の処分がなされる可能性が高いので注意を要します。

 

会社継続の登記のご相談・ご依頼

愛知県名古屋市を中心に業務を行っていますが、愛知県以外からもご相談・ご依頼を承りますので、お気軽にお問合せください。(会社登記は全国対応いたします。)

 

御社が遠方の場合、必ずしもご来所いただかなくても、お電話、メール、郵送等でお取引が可能です。

 

司法書士は会社・法人登記の専門家です。
登記費用のお見積りは無料ですので、お電話又はメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

会社継続の登記のご依頼をお考えの方は、名古屋の司法書士八木事務所までお問合せください。

 

お問い合わせ

登記手続のご依頼、お見積りのご依頼、ご相談等はお問い合わせフォーム又はお電話からお願いします。

 

お問い合わせフォームによるお問い合わせの場合、24時間以内の返信いたします。
ただし、土日祝日を挟む場合、要調査のご相談の場合等、24時間以内に返信できないこともありますのでご了承ください。
返信はメールにより行いますので、メールアドレスのご記入はお間違えのないようにお願いします。

 

お問い合わせフォーム

 


 

お電話でのお問い合わせ

お電話によるお問い合わせは下記の電話番号におかけください。

 

TEL 052-848-8033

 

〈受付時間〉
平日10:00〜20:00(土日祝日も事務所いるときは対応いたします。)

 

事務所所在地

467-0056
名古屋市瑞穂区白砂町2丁目9番地 瑞穂ハイツ403号

トップへ戻る